2015年8月13日

米国テキサス大学オースチン校と高電圧直流(HVDC)給電システムによる省エネ実証事業の実施計画合意書を締結

株式会社NTTファシリティーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:筒井清志 以下NTTファシリティーズ)は、8月11日、米国テキサス大学オースチン校と高電圧直流(HVDC)給電システムによる省エネ実証事業の実施計画合意書(ID*1)を締結しました。
 本実証事業は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO*2)からの委託により、米国テキサス大学オースチン校の先端コンピュータセンター(TACC*3)に高電圧直流(HVDC)給電システム*4を構築し、省エネ実証事業(2015年8月~2017年3月)を通して給電効率15%の向上を目指すものです。
 IDへの署名は、NTTファシリティーズの一法師代表取締役副社長、米国テキサス大学オースチン校 総長フェンベス(Gregory L. Fenves)氏が行いました。
 また、同日、NEDOの植田理事とテキサス州のカスコス(Carlos H. Cascos氏)州務長官が省エネ実証事業の基本協定書(MOU*5)を締結しました。

■署名の様子
写真:署名の様子

■左写真
左:一法師代表取締役副社長 右:テキサス大学オースチン校 総長Gregory L. Fenves氏

■右写真
左より:一法師代表取締役副社長 テキサス大学オースチン校 総長Gregory L. Fenves氏、テキサス州務長官 Carlos H. Cascos氏、NEDO 植田理事

用語説明

*1 ID
Implementation documentの略称
*2 NEDO
New Energy and industrial technology Development Organizationの略称
*3 TACC
Texas Advanced Computing Centerの略称
*4 高電圧直流(HVDC)給電システム
電力会社からの電力供給からICT機器への給電過程の中で、交流-直流、直流-直流の電力変換段数を減らすことで、データセンター全体の電源変換効率を向上させる給電システム。電源装置からICT機器への供給は直流380Vで供給されます。
*5 MOU
Memorandum of understandingの略称
本件に関するお問い合わせ先
報道機関からのお問い合わせ
(株)NTTファシリティーズ 経営企画部 広報室 TEL:03-5444-5112
PAGE TOP