10月21日(金)、NTT東日本-北海道釧路支店が中心となり釧路市黒金町周辺の業6社80人による、地域清掃・交通安全啓発活動が行われました。

当日は少し肌寒い中、黒金町周辺のゴミ拾いをした後に、交通量の多い国道沿いに立ち飲酒運転禁止やスピードダウンを呼びかけるノボリを掲げました。私もトングと袋を持ちゴミ拾いに参加しましたが、普段何気なく歩いている時には気がつきませんでしたが、ゴミを探して歩くと驚くほどポイ捨てがあることに気づかされました。その中で最も多かったのが、残念ながらタバコの吸殻です。ひどいエリアでは3歩進むごとに吸殻を見つけました。大胆に箱まで捨てている人も…私も喫煙者の一人ですが、タバコを吸う人のマナーの悪さにショックを受けました。これでは喫煙者が煙たがられるのも当然ですね。

路上喫煙を控えることや、常に携帯灰皿を持ち歩くということが必要なのではないでしょうか。ゴミ拾いを通して、喫煙者のマナーの大切さということを今一度考えさせられる1日でした。






PAGE TOP