NTT東日本青森DC開設にともなう内覧会が4月2日(月)、青森市橋本ビルにて開催されました。この内覧会はNTT東日本様が自治体や企業のデータ預かりサービスを開始するにあたって開かれ、三村知事をはじめ多数の自治体や企業の方が参加されました。このサービスは自治体や企業の電子データをサーバーごとNTTの通信ビルで預かるといったもので、昨年の震災以降、より活発に展開されてきました。NTTビルは震度6強の地震にも耐えられる設計であり、停電時に備えて電源車も配備しているので、サービスの安全性・信頼性の高さが大きな強みとなっています。

またDCに関連する設備として、当社で保守しているエンジンと電源車についてF青森のベテランの方が説明を行いました。普段何気なく接していても、いざ説明するとなると言葉に詰まってしまうことが往々にしてありますがさすがはベテラン。詰まることなくわかりやすく説明しておりました。私もこのような場での説明をしっかりと行えるよう、装置や業務に対する知識をより確かなものにしていきたいと思います。


※DC(Data Center):各種のコンピュータやデータ通信などの装置を設置・運用することに特化した施設の総称。

 





PAGE TOP