社会貢献活動 各エリア案件


東北エリア 環境行動・ソフトボールレクへの参加
~かつてこの土地は湖だった~ 羽田 哲也 NTTファシリティーズ東北 秋田支店 総合サービス担当(FM系)

  2013年5月25日(土)。天気は晴れ時々曇り時々雨。

全国環境統一行動の一環として、八郎潟残存湖に関わる施設見学とNPO法人活動の講話に参加しました。八郎潟とは、かつて琵琶湖に次いで日本で2番目に大きかった湖です。戦後の食糧不足解消のために、農地を増やそうと策定された「八郎潟干拓事業計画」によって、現在は大潟村(残った一部の湖は八郎湖)となり、かつての「湖」は農業のための「大地」として生まれ変わりました。

今回の活動では、この干拓地を維持管理する基幹となる施設(水門など)を見学し、干拓博物館で村民の方から干拓事業や大潟村での農業、生活環境などについて学びました。現在、この地で農業をしているのは、ほとんどが当時入植した村民の息子さんたちの世代です。大潟村内の土地は基本的に村民以外に譲渡・売買することができず、第3者が大潟村で農業を営むためには、基本的に村民と配偶者になるしか方法はないという話が印象深かったです。

また、午後には交流レクリエーションとしてソフトボールにも参加し、NTTグループ内だけではなく、他の組合の方々とも交流を深めることができました。試合はどれもドラマあり笑いありの充実した内容だったと思います。肝心の結果ですが、相手チームの気遣いのおかげもあって、即席チームながら見事優勝を収めることができました!

最後に。1日の中でも天候がめまぐるしく変わってしまうのが秋田。この日は快晴の中 で環境活動を実施し、途中室内での講演中に少し雨が降り、午後のソフトボールでは曇 りの涼しい中で運動できたという、ある意味天候に恵まれた1日となりました。

東北エリア写真




PAGE TOP