お問い合わせ

CSR報告書 2019

環境マネジメント体制の強化

NTTファシリティーズは、環境ビジネスを先導する企業として「環境テーマ」及び「環境アクションプログラム」が掲げる環境目標の実現に向け、環境マネジメント体制の維持・強化を続け、環境負荷や環境リスクの低減など、環境問題の防止と解決に積極的に取り組んでいます。

環境マネジメントの仕組み

環境保護推進体制

NTTファシリティーズでは、地域会社7社と合同で環境負荷や環境リスクの低減などに向けた取り組みの実効性を高め、かつ効果的に活動を推進していくため、CSR担当副社長を委員長とする「CSR委員会」を設置しています。
委員会では、NTTファシリティーズグループ地球環境保護基本理念・基本方針の策定・見直しや環境負荷低減活動などの年度別目標を明示した「環境保護推進アクションプログラム」を策定するとともに、活動の進捗状況把握を行い、継続的・発展的な活動内容を決定し、取り組みの推進につなげています。

環境保護推進体制図
NTTファシリティーズグループ「環境目標」の達成に向けたマネジメント体制

ISO14001認証取得による環境マネジメント

本社と地域会社(7社)でそれぞれISO14001の認証を取得しておりましたが、マネジメント強化を目的に2012年12月に認証統合を実施しました。「環境保護推進アクションプログラム」の各施策についても環境ISOの手法を活用し、取り組みの充実・発展に向け取り組んでいます。また、2018年度末における当グループの社員カバー率(役員・社員・契約社員)は66.4%となっています。

ISO14001認証取得状況
  登録組織 登録事業所 登録日
本社・
地域会社
NTTファシリティーズ 本社
北海道支店
東北支店
東海支店
関西事業本部
中国支店
九州支店
NTTファシリティーズ中央
NTTファシリティーズ北海道
NTTファシリティーズ東北
NTTファシリティーズ東海
NTTファシリティーズ関西
NTTファシリティーズ中国
NTTファシリティーズ九州
※県域支店を除く
登録日:2000年12月28日
登録番号:JQA-EM1245
グループ会社 NTTファシリティーズ
エンジニアリング
全社取得 登録日:2004年12月15日
登録番号:EC04J0377

環境配慮に関する理念・指針

NTTファシリティーズグループ地球環境保護基本理念

NTTファシリティーズグループは、環境経営を実践し、全ての人が豊かに安心して暮らすことができる“人と地球が調和する持続可能な社会”の実現に貢献します。

私たちの環境テーマ:気候変動への緩和と適応、資源の循環、自然との共生

基本方針
  1. ICT・エネルギー・建築の技術を最大限に発揮した環境ソリューションの開発と提供により、気候変動への緩和と適応に貢献します。
  2. 効率的な資源やエネルギーの利用、資源循環に積極的に取り組み、持続可能な資源利用の達成に貢献します。
  3. 事業活動と生態系とのつながりを常に意識し、生物多様性を保全し生態系を未来につなぐ取り組みに貢献します。
  4. ステークホルダーの皆さまとも協働し、自然資本や生物多様性の保全につながる環境保護活動を推進し、地域社会に貢献します。
  5. 環境保護に関する法令や規制、ステークホルダーの皆さまとの取り決めなどを順守します。
  6. 環境保護に関する方針や取り組み状況を公開し、社内外とのコミュニケーションを図ります。
  7. 環境マネジメントシステムの構築と運用により、環境パフォーマンスの向上と環境リスク低減の両立を図るともに、内部監査や経営層によるレビューを通じて環境保護の取り組みを継続的に改善していきます。

生物多様性保全の行動指針

NTTファシリティーズグループは、生物多様性に配慮した活動の推進に向け、その具体的行動の基本を明示した「生物多様性の保全に関する行動指針」を制定しています。

生物多様性の保全に関する行動指針

社員教育・研修の実施

NTTファシリティーズグループでは、環境配慮に向けた理念や行動指針の浸透と、「環境保護推進アクションプログラム」の定める活動目標を達成するため、社員を対象とした環境教育・研修に力を入れています。主な内容としては、ISO14001のPDCAに基づき実施する全社員研修(eラーニングにより実施)、新入社員から経営層までの各階層別に育成部門が実施する研修などがあります。これらを通じて、社員一人ひとりが環境問題を自らのものととらえ、行動に結びつくよう環境意識の醸成に努めています。

PAGE TOP