お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス

  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス

写真撮影 プライズ 山崎浩治

  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス
  • photo:NTTコミュニケーションズ アークス浦安パーククラブハウス

建築物概要

竣工
2018年3月
主要用途
スポーツ練習場
所在地
千葉県浦安市
敷地面積
38,010.37m2
延べ面積
3,520.75m2
建築面積
2,306.80m2
構造規模
S造 地上2階(クラブハウス)、平屋(倉庫、駐輪場)

特徴

2018年4月、「NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス」の新拠点が完成しました。 3万8000m2の敷地に、国際試合の規格を満たすラグビー専用の天然芝グラウンド2面とサブグラウンド、屋内練習場や観覧機能を備えたクラブハウス、倉庫等が配置されています。計画にあたり、選手の「トレーニング環境」や、選手を支えるスタッフの「サポート環境」を充実させると共に、選手とスタッフが密接に連携し、チームとしてのパフォーマンスを最大化する環境整備を実施しています。

■チームシナジーを高める
 クラブハウスは、グラウンドと平行に配置され、屋内練習場、ウェイトルーム、スタッフルームといった主要機能がグラウンドに接し、屋内外を一体的な練習環境と捉えて計画しています。「屋内練習場」は、人工芝で仕上げられ、屋外同様にスクラムやボールを使ったトレーニングが可能です。また、その様子はカメラによって記録され、高度な分析により選手へ効果的なフィードバックを行うことができます。また、屋内練習場は日常動線の中心に配置され、チームの密接なコミュニケーションを促し、チームシナジーを高める結節点として機能します。 グラウンドを俯瞰する長さ80mのバルコニーは、日常的にはコーチングの場に、練習試合時にはスタンド(観客席)になります。そのほか、フィジオルーム、ラウンジといったリフレッシュ機能が整備され、外を眺めると一面に広がる天然芝の開放感のある眺望が得られ、選手の心身を癒やします。

■開かれた交流の場づくり
 観覧バルコニーやテラス、エントランス、サブグラウンドは、チームと地域の方々との交流の場として開放することができます。また、敷地の外からもグラウンドの見通しが利くよう植栽や辻空間が計画され、練習風景は常に地域に開かれています。

受賞履歴

掲載雑誌

LANDSCAPE DESIGN No.121

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP