お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

ミツカン中間実験棟

  • photo:ミツカン中間実験棟
  • photo:ミツカン中間実験棟
  • photo:ミツカン中間実験棟

写真撮影 センターフォト

  • photo:ミツカン中間実験棟
  • photo:ミツカン中間実験棟
  • photo:ミツカン中間実験棟

建築物概要

竣工
2014年6月
主要用途
実験施設
所在地
愛知県半田市
敷地面積
5,403.73m2
延べ面積
1,852.83m2
建築面積
1,976.13m2
構造規模
S造 地上1階
建築主
株式会社Mizkan Holdings

特徴

景観形成重点地区における象徴的建物の再現が大きなコンセプトであり、昔の蔵の面影を残した外観デザインと敷地内側の機能的な部分をバランスよく調和させた建物です。
地窓・高窓といった昔ながらの知恵を導入し、足元に醸造桶や瓦を再利用して取り入れるなど、運河側に対しては昔ながらの醸造蔵の風情を出して懐かしさを感じられる設えとした一方で、敷地内側の屋上では太陽熱温水を生成して運河対岸のMIZKAN MUSEUMへ供給するなど機能的な構成となっています。

受賞履歴

平成29年度都市景観大賞【都市空間部門】※半田運河周辺地区

掲載雑誌

建築ジャーナル2016年8月号

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP