環境と共生し、美しく歳を重ね、社会のストックとなる建物を。それが「GreenITy Building」です。NTTグループが築いてきた省エネ実績や、CASBEE評価員数国内トップの強みを活かして、GREEN( 環境配慮・フレキシビリティ・省エネルギー)とBCP( 安全性・信頼性)を

ITで効果的にインテグレートし、幅広い用途に対応します。

  新築・既存建物を問わず、独自に整理・体系化した260 の要素技術を適切に組み合わせることで、環境性能が高く、長寿命な建物を提案。ビルの年間一次消費エネルギー量の45%以上削減をめざします。

  また、街・建物のスマート化により、エネルギーの供給量と使用量を最適化。街区全体で20%のエネルギー量削減をめざします。


当社推計値





*1 CASBEE(=Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency):
日本サスティナブル・ビルディング・コンソーシアムで開発された建築環境総合性能評価システム


震災後の節電需要やBCPへの対応などの社会的ニーズが急速に高まっています。当グループが有するGREEN、IT、BCPを融合したGreenITy Building  を中心としたさまざまなソリューションの開発・提案に積極的に取り組んでいきます。
関連ホームページ
    http://www.ntt-f.co.jp/service/gb_cor/ (商品・サービス紹介)




PAGE TOP