Solution

ソリューション

電源供給無瞬断切替サービス

システムの運用を妨げない
UPS更改を実現

特長
当社独自のサービス
切替実績7000回以上

当社の独自の手法で、ICT機器への電源供給を止めずに、UPSの更改を可能にします。

サービスイメージ

サービスイメージの図

※UPSの購入および設計・施工をご依頼頂いたお客様向けの有償サービスです。FPTS:Facilities Portable Transfer Switchの略。

各種切替方法

お客様のご要望に合わせ、3種類のサービスメニューをご提案できます。

  切替時のシステム停止 機種依存の有無 切替単位 切替装置 関係部門の調整
〇停電切替
<UPSを停止させての切替>

(UPS停止後に切替)
UPS、PDU、ラック単位
〇バイパス切替
<UPSのバイパス回路を用いた切替>
UPSのバイパス回路を利用し、新旧2台の
UPSの出力を同相にして配線を切替えます。
・UPS単位での切替になります。
・UPSの機種により実施できない楊合があります。

(一時商用給電)
UPS単位
〇無瞬断切替<無瞬断切替装置を用いた切替>
新旧2台のUPS出力波形を常に当社の無瞬断切替装置(FPTS)で
比較し、 同期が合った瞬間に切替えます。
当社独自サービス
UPS、PDU、ラック単位

特長

電源供給無瞬断切替サービスの主な特長を紹介します。

あらゆるメーカー・機種に対応

UPSのメーカー・機種にかかわらず、切替が可能。大容量UPSも分電盤やラック単位で順次切替が可能です。また、電流350A以下であれば、電圧400V/200V/100V(三相3線/単相3線/単相2線)の広い範囲の条件に対応可能です。

無瞬断(1000分の1秒以下)で新設UPSへの出力切替を実現

電圧変動が許容されている1msec以内で切替を行うため、安心かつ安全な切替作業を実施できます。

ITI(CBEMA)Curve:入出力瞬断許容特性の図

可搬型高性能無瞬断切替装置を使用

当社独自の無瞬断切替装置(FPTS)は可搬型のため、切替工事の際に設置スペースを確保するだけで実施できます(装置の重量は400kgです)。

当社独自の無瞬断切替装置の写真

当社独自の活線接続技術

十分な作業スペースの確保と適切な養生を敷設し、既設配線に対し「①被膜を剝がす、②圧着工具による接続、③適切な絶縁処理」の作業を、活線状態のまま実施します。

当社独自の活線接続技術施工の写真

豊富な実績と万全な切替体制

国内で7,000回以上を超える切替を実施。社内認定資格である「無瞬断切替主任技術者」を取得した熟練の技術者によって、確実に切替作業を実施します。

無瞬断切替主任技術者(社内認定資格):約270名、電気主任技術者(二種・三種合計):約2,190名、電気工事士(一種):約1,352名を抱え、万全の体制を築きます。

関連するソリューション

関連導入事例

関連ビジネスコラム

Inquiry
ソリューション全般や企業情報、UPSなど各種お問い合わせは、こちらをご覧ください。
お問い合わせはこちら
PAGE TOP