注目のキーワード

デジタルツイン

現実空間の存在を、コンピュータを用いたサイバーフィジカル空間に構築・再現した存在を「デジタルツイン(デジタルの双子)」と呼びます。現実空間で起こりうる状況の変化や事前予測をデジタル空間で再現できるため、製造プロセスの可視化や最適化が求められる製造業などを中心に注目が集まっています。工場で例えると、さまざまな製造設備・機器に設置したセンサーのデータを用いて、それぞれの複合動作を可視化。さらにオペレーションの最適化シミュレーションを行い、それらを実際の工場に反映することで、生産の最適化・効率化などを実現します。また、街づくりの分野でも活用する動きが始まっています。デジタルツインによる未来予測シミュレーションを複数連鎖させて、省エネルギー化や快適性、さらに街の賑わいや運用効率性といった、さまざまな要素を最適化できる手段として期待されています。

デジタルツインに関連するコンテンツ

デジタルツインに関連するソリューション

導入事例
Inquiry
ソリューション全般や企業情報、UPSなど各種お問い合わせは、こちらをご覧ください。
お問い合わせはこちら
PAGE TOP