お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

東京大学大気海洋研究所

  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所

写真撮影 アド・グラフィック

  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所
  • photo:東京大学大気海洋研究所

建築物概要

竣工
2010年3月
主要用途
大学(研究所)
所在地
千葉県柏市
敷地面積
237,452.39m2
延べ面積
15,257.51m2
建築面積
2,838.91m2
構造規模
RC造 地下1階地上7階

特徴

東大柏キャンパスの西端に位置する建物として、メインストリートのアイ・ストップとなる外観が求められました。キャンパス全体とのスケール感の統一を図った上で、そのアイデンティティは外装の白い有孔折板によるダブルスキンで表現しました。
海水や海洋生物を扱う研究所として実験設備が非常に多く、将来の更改性を考慮して設備配管を建物外側に設置しています。設備シャフト・メンテナンスルートを兼ねたPC庇が各階外周に配され、庇先端の白色有孔折板は設備目隠しの役割と日照調整の役割を同時に担います。有孔折板の表裏とも白くすることで、室内環境は明るく健康的な空間となりました。室外機の多い面はランダムに折板を配し、限られた材料で面としての表現をすると共に、海洋のイメージに繋がる水の“ゆらぎ”を表現しました。
Z字型の建物中央は7層吹き抜けとし、階段・ブリッジ等の移動に関る建築要素とテラス等の交流空間を配し、ストイックな研究環境の中に”人の気配の感じられる空間”を創出しました。今では交流会やイベントの行われる中心的スペースとなっています。

受賞履歴

掲載雑誌

近代建築2012年12月号

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP