お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

南あわじ市庁舎

  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎

写真撮影 フォワードストローク

  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎
  • photo:南あわじ市庁舎

建築物概要

竣工
2015年2月
主要用途
庁舎・公共施設
所在地
兵庫県南あわじ市
敷地面積
23,791.27m2
延べ面積
7,055.95m2
建築面積
2,258.13m2
構造規模
RC造 地上4階
共同設計
社家一級建築事務所・フタバ設計
建築主
南あわじ市

特徴

淡路島の最南端に位置する南あわじ市の新市庁舎の建設。南あわじ市は日本3大瓦の1つ「淡路瓦」の産地です。瓦は伝統的な素材でありながら極めて合理的かつ経済的な工業製品です。地元瓦工場と連携し最も汎用的な「桟瓦」を利用して、日よけや目隠しのための瓦スクリーンとして開発。瓦工場の高い技術と経験を活かし新たな建材利用への可能性を示しました。また、瓦の生産過程の中で発生する産業廃棄物となる端材を環境素材として再利用。瓦の高い保水性(一般砕石骨材の約3倍の吸水率)を活かし外構舗装材の骨材に利用することで、雨や打ち水による外気冷却効果を得て室内に涼やかな風を取り入れます。これらの環境施策により、CASBEE Sランクを取得しました。
 敷地内に現存する既存庁舎と瓦の回廊でつなぎ、既存ストックを最大利用することで新庁舎の床面積を抑制。同規模自治体の約半額近いコストで新庁舎を実現しました。建設時期やデザインの異なる4つの建物が、瓦素材により建築群として調和することを狙いました。

受賞履歴

2015年 グッドデザイン賞
2016年 第二回 ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞) 優良賞
DSA日本空間デザイン賞2016 協会特別賞 地域賞
DSA日本空間デザイン賞2016 D部門 ショーウインドウ&ヴィジュアルデザイン空間 入選
JIA優秀建築選2016
2017年 第17回 甍賞 瓦屋根設計コンクール銀賞

掲載雑誌

2016年04月 月刊近代建築
2016年08月 建築画報
2016年09月 季刊ディテール 210号(2016年秋季号)
2016年12月 年鑑日本の空間デザイン
2017年 JIA 建築年鑑2016

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP