お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

名古屋市西区役所及び西保健所

  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所

写真撮影 インターピック

  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所
  • photo:名古屋市西区役所及び西保健所

建築物概要

竣工
2009年11月
主要用途
庁舎・公共施設
所在地
愛知県名古屋市
敷地面積
6,911.36m2
延べ面積
11,921.16m2
建築面積
2,716.29m2
構造規模
SRC造 地下1階 地上5階
共同設計
基本設計・実施設計:NTTファシリティーズ
設計監理:名古屋市住宅都市局営繕部
建築主
名古屋市

特徴

名古屋市西区役所は名古屋城跡から北西に500mほどの「花の木公園」の北側に位置しています。市の図書館や文化小劇場と隣接する好位置にあり、この場所一帯が行政・文化の拠点施設としての役割が期待されているため、エリア全体が「AGORA(集まる場所)」となることをコンセプトとし、市民の方々が親しみを持って入りやすく使いやすい施設にすることをテーマとしました。
建物は,区役所,講堂,保健所,在宅サービスセンターの4つの機能で構成される複合施設です。東西南北の多方向からのアプローチが可能であり、初めて訪れた方にもわかりやすいよう、4つの機能を重ね、各階の待合いスペースを5層吹抜けのアトリウムでつないだシンプルな構成としました。アトリウムを通してにぎわいや人々の動きが視覚化される空間となっています。
アトリウムのある南側のファサードではサッシをランダムに配置し疎密を作ることで建物に動きやにぎわいを演出し、その他の外装材の工夫により建物の中にさまざまな機能が内包されていることを暗示しています。
内装の仕上げは市民や職員の方々が活き活きと映る空間となるようシンプルな素材を用い、講堂講盤は木を基調として落ち着いたイメージとしました。

受賞履歴

掲載雑誌

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP