お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

障がい者支援施設 地域生活支援センター光

  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光

写真撮影 スタジオSHIN

  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光
  • photo:障がい者支援施設 地域生活支援センター光

建築物概要

竣工
2007年3月
主要用途
障がい者支援施設
所在地
大阪府高槻市
敷地面積
16,023.52m2
延べ面積
3,447.21m2
建築面積
1,506.71m2
構造規模
RC造一部S造 地下1階地上4階

特徴

「地域生活支援センター光」は、高槻市における障がいのある人々への支援の拠点として、地域の人々との交流の場として計画されました。建物は、立地の傾斜を生かし南側に4層、北側には1層として建物のボリュームを抑えることで、近隣への影響や環境に配慮しています。また、雁行した平面形は限られた敷地の中で多くの居室を確保することができ、自然な採光・通風を取り入れやすくするとともに、単調ではなく変化に富んだ内部空間となっています。外観は、計画地に建っていた聖ヨハネ学園の建物群と同じ赤い屋根とすることで、地域になじみのあるシンボルとしての建物としました。斜面という敷地条件を生かし、各階から直接バリアフリーで外に出られるようにしており、災害時には、障がいのある方々でも分かりやすく容易に避難できるよう安心・安全な計画としています。家庭的でキメの細かいケアができるように全室個室のユニットケアタイプとし、様々な障がいに対応できるように配慮しました。各ユニットや機能種別ごとにテーマを決め、内装や照明などを変えることで、利用者にも認識しやすく、施設らしくない変化に富んだインテリアとしました。

受賞履歴

掲載雑誌

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP