お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター

  • photo:独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター
  • photo:独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター
  • photo:独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター
  • photo:独立行政法人 国立病院機構 横浜医療センター

建築物概要

竣工
2010年11月
主要用途
病院
所在地
神奈川県横浜市
敷地面積
55,288.74m2
延べ面積
34,992.99m2
建築面積
10,202.2m2
構造規模
RC造 地上7階、塔屋1階(免震構造)

特徴

旧国立病院として政策医療推進と、地域医療を永年実践してきた病院であるが、老朽化建物と分散した機能の再構築を目指し、敷地内で全面建替する計画に至りました。
・横浜市市街地環境設計制度を適用し、建物の高さ制限を緩和しながら、周辺環境との調和を図る計画としています。50棟超の既存建物を集約し、医療施設としての安全性、機能性を刷新し、また大規模駐車場を完備するとともに、次世代の建て替えスペースを創出しました。
・高度・先進医療の実現を目指し、救命救急センタを核として重装備ゾーンを集約し、機能と機動力の向上を図りました。外来は全て1階に配置し、また各検査部門・中央処置を隣接させることで、患者の多くが1階で用が済み、また動線の短縮を実現しました。
・免震構造を採用し、高信頼の医療継続性を確保するとともにRCで12.4mの大スパンを実現し、プランニング自由度・レイアウト変更など、高いフレキシビリティを確保しました。

受賞履歴

掲載雑誌

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP