お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

NTT西日本 帯山ビル 外壁改修

  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修

写真撮影 エスエス九州支店

  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修
  • photo:NTT西日本 帯山ビル 外壁改修

建築物概要

竣工
2018年3月
主要用途
通信ビル
所在地
熊本県熊本市
敷地面積
9,342.25m2
延べ面積
19,663.38m2
建築面積
2,227.18m2
構造規模
SRC造 地上6階 地下2階
建築主
西日本電信電話株式会社

特徴

帯山ビルは、1973年に熊本県熊本市に建設されたNTT西日本の通信局舎です。
2016年4月に発生した熊本地震によって部分的に被害を受けた箇所の復旧と竣工から約40年経過した帯山ビルを今後30年間以上継続利用するため改修工事を行いました。
新築時の正方形を基調とした意匠と大規模な建築ボリュームを住居地域に調和させるために設けられたスリット状・スクエア状の開口部の意匠を活かしつつ、求められた耐久性、メンテナンス性、周辺環境と調和する素材感を満足させるためレールファスナー方式のタイルコート壁による改修方法を選択しました。 メンテナンス性の向上、タイルのスライド防止、水切の役割を担うアルミ製の目地が素材感のあるタイル壁面ボリュームを規則的に小さく分割することで周辺環境と調和する新たなファサードデザインを試みました。

受賞履歴

掲載雑誌

同じ用途の建築作品

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP