お問い合わせ

建築PROJECT未来を創る。

アーバンネット内本町ビル

  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル

写真撮影 フォワードストローク

  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル
  • photo:アーバンネット内本町ビル

建築物概要

竣工
2011年6月
主要用途
事務所
所在地
大阪府大阪市中央区
敷地面積
1,622.77m2
延べ面積
13,627.27m2
建築面積
1,145.20m2
構造規模
S造 地上12階
共同設計
NTT都市開発

特徴

オフィス、住居、店舗が混在する大阪らしい職住一体型の街並みに実現したテナントオフィスです。
間口が狭く奥行きが深い短冊状の敷地に、街路に開放的な事務室を挿入しました。ロングスパンの建物変形を抑えるブレースが、外観に特徴を与えています。
1階の庇により、入居するオフィスワーカーのみでなく、近隣のワーカーや住人を迎え入れます。1階には都市型スーパーが配置され、ポケットパークは街に開かれた新たな活動の場を提供します。適度なスケールの空間が連続することで、街並みに奥行き感を与えることを意図しました。
基準階は、地域ニーズから100m2単位で小さなテナント区画が可能な計画とし、事務室とコアをリニアに配置しました。事務室の隣地側窓は足元500mmを開閉可能とし、約60mの階段室による温度差換気と卓越風による自然換気を行っています。
ローコストな建物です。既成品サッシの採用を可能とする層間区画の庇、鋼材料をミニマム化するブレース、建物を軽量化する押し出し成形版による陰影、階段室を利用したエコシャフト等、敷地条件や建物形状の特性から、経済性、機能性、環境といった計画の合理性を追求することが、個人の嗜好性を超えた普遍的な力をデザインに与えると考えました。

受賞履歴

掲載雑誌

同じ用途の建築作品

オフィスビル

もっと見る

建築PROJECTトップに戻る

PAGE TOP